iphoneのアプリ開発に必要とされている費用や期間を確認しよう

ヒットするiphoneアプリ開発はこれまでにない発想が大事

iphoneのアプリ開発に必要とされている費用や期間を確認しよう

IT

iphoneのアプリ開発に必要な費用

iphoneアプリを開発するには、プログラマの工数がかかります。そのため、アプリ開発に必要な費用は、その工数で決まります。一般的にエンジニア一人あたりの一月の工数価格は約50万円といわれています。

開発にかかる期間は?

開発期間は求めるアプリの機能によって異なってきます。簡単なツール系であると1日でできるものもありますし、2〜3週間程度でできるものもあります。しかし、複雑なゲーム系や通話系、メッセージ系、SNS連携系などについては半年くらいかかります。

アプリ開発の設計工程で大切なこと

設計工程で大切なことは、プログラムのコーディング作業に入る前に、これから作るアプリの画面デザインや機能について、詳細まで決めて機能仕様書を作成することです。機能を決める際には、現在のハードウェアとソフトウェアの技術の限界を知っておくことも大切です。機能仕様書を作成する際には具体的にどのようなプログラムコーとなるか想像しながら行うと開発がスムーズになります。

アプリ開発にはどれくらいの人員が必要?

アプリ開発に必要な人員は、開発するアプリの内容とボリュームによって異なってきます。簡単なアプリであれば一人で開発可能です。しかし、規模の大きなアプリであると2人以上にてプログラミングをすることもあります。また、ゲーム系のアプリなどでは、グラフィックデザイナーやシナリオライターなども参加するため4人以上にて開発することも珍しくありません。

アプリ開発は早めの計画が大事

一般的に、ヒット作となるアプリは、これまで無かった機能が搭載されたアプリです。アイディアをアプリに実現するには、他の人が同じアイディアのアプリを出す前に開発する必要があります。そのためには、アイディアが浮かんだ時に早めに設計の計画を立てることが大切です。また、アイディが浮かんだ際には忘れないうちにメモしておくと良いでしょう。