iphoneのアプリ開発で得られるメリットや必要なスキル

iphoneのアプリとandroidのアプリの違いについて

アプリのダウンロードの仕方が異なる

iphoneのアプリはアップルストアーからダウンロードを行い、androidのアプリはグーグルストアーからダウンロードを行います。アップルストアーに登録するには、厳しい審査があるためウイルスなどの混入の可能性が低く、iphoneのアプリの方が安心して使用できます。

パソコンとの連携の仕方が異なる

iphoneのアプリは、iTunesというソフトウェアで一括管理されています。内部のファイル構造等の複雑な知識を持たなくても管理がしやすいのが特徴です。一方、androidのアプリは、グーグルアカウントを使用して同期を取れます。内部のファイル構造等が見やすいため、パソコンに詳しい人には便利ですが、詳しくない人は苦労するかもしれません。

iphoneのアプリ開発で得られるメリットや必要なスキル

アプリ

iphoneのアプリの魅力

iphoneのアプリは、アップル社による厳しい審査をパスしているため安全なのが最大の特徴です。また、審査があるために実力のあるプログラマーが作っているアプリが多いため、安定した動作が得られるのが魅力です。更に、アプリの数が豊富にあるのも良いところと言えるでしょう。更に、所有しているパソコンがApple社製であればパソコンと連携して様々なことができるのも特徴です。

iphoneのアプリ開発で必要な知識

iphoneでアプリ開発をする場合には、開発環境がXcodeであることを知っておくべきです。この開発ツールは、無料でアップルストアーからダウンロードが可能です。また、開発言語である、「Swift」もしくは「Objective-C」のプログラミング言語に関する知識が必要です。その他にも、iphoneに搭載されているカメラの仕様やディスプレイの仕様、GPSの仕様などハードウェアの知識も必要です。

アプリ開発を行なうことで企業が得られるメリットとは?

社内で使用するアプリであれば、自分の会社の業務フォローにマッチしたアプリが開発できるため業務効率を大幅に向上させることが可能になります。また、店舗などの宣伝目的であれば、SNSなどと連携できるアプリを開発すると効率よく店舗の宣伝を行えるようになります。更に、SNS連携をすると新たな情報源を確保可能です。

アプリ開発において気をつけたいこと

自分でプログラミングをしてアプリ開発をするのであれば、後にソースコードを流用できるように分かりやすいコードを記載するのがポイントです。また、頻繁に使用しそうな機能と予想される場合は、モジュール化しておくと後にコードの再利用がしやすくなります。なお、iOSは常にバージョンアップが行われますので、バージョンアップが行われた時には速やかに新しいバージョンでデバッグを行う必要があります。