アプリ開発で重要なデバックについて知ろう

アプリ開発で収益をあげるためには戦略性が大事

有料のアプリと無料のアプリの特徴

広告が表示されることが多い無料アプリ

無料アプリの場合は表示されている広告によって広告収入を得ているため、広告が表示されていることが多いです。また、アプリによってはアプリ使用中に動画広告が入ることもあり、タイムロスとなることもあります。

収入を得る方法が異なる

有料アプリの場合は、ダウンロードが行われた時点で売り上げが発生します。一方、無料アプリの場合はダウンロードされた後で広告の表示により利益を得ます。そのため、収入を得るタイミングが異なってきます。

アプリにも様々な種類がある

アプリにも、ネイティブアプリやWebアプリなど様々なアプリがあり、アプリによってアプリ開発環境も開発言語も異なってきます。また、スマートフォンで使用されているネイティブアプリでも、ゲームや通信系、メール系などの様々なアプリがあります。アプリのジャンルによっても開発費用も大きく異なってきます。

アプリ開発で重要なデバックについて知ろう

PC

完成後はテストが大事

アプリの開発後はテストをしっかりと行うことが大切です。一般的にはアプリのテストはデバッグと呼ばれます。開発者自身や開発企業の品質管理部門などがあらゆるシチュエーションを想定して、バグ出しを徹底的に行います。時にはベーター版を一般ユーザーに解放して、一般ユーザーにバグ出し作業をお願いすることもあります。

サービス開始後の運用にも気を配ろう

アプリリリース後も、一般ユーザーからバグの報告があったら速やかに修正してバージョンアップを行わなければなりません。また、特に気をつけたいのがオペレーティングシステムがバージョンアップされた時です。新しいバージョンにアプリをインストールしてサイドでバッグ作業を行い、問題があった場合には修正してバージョンアップを行う必要があります。